DRYな備忘録

Don't Repeat Yourself.

ameshコマンド & amesh Slack bot の最近の話

このエントリは Go 2 Advent Calendar 2020 - Qiita の8日目です。

背景

  • もう2年前になりますが、ソフトウェアを主業としない業界に転職しました
  • 最近はストレス解消にコードを書いています。仕事ではいっさいコード書かない
  • ameshコマンド、amesh-botは便利なので今でもガンガン開発しています
  • そろそろ艦これウィジェットのサーバサイドをHerokuからGCPに引っ越したい

ameshつくったの、もう5年前じゃん。

tl;dr

  • GAE/Go 1.12+の環境で動くようにリファクタリングしました
  • 「予報」コマンドをつくりました
  • Slack AppとしてDistributeしました(Submitはまだ)
  • それにともなってFirestore使うようにしました
  • 今まで0.07円だったんですけど、公開したら614円になりました

github.com

CLIとWebアプリケーションを含むプロジェクトの構成について

ameshプロジェクトは、ameshコマンドと、amesh-botという2つのユースケースを提供しています。さらに、他のプロジェクトからもimportできるpackageとしてのインターフェースもあります。

当初は、以下のようなファイル構成で作成していました。

.
├── bot
├── amesh
│   └── main.go
└── lib

このコマンドラインツールをインストールしようとすると go get github.com/otiai10/amesh/amesh というように、amesh/ameshをgetする必要があります。これは、一時期けっこう見たタイプだと思いますたとえばgithub.com/robfig/revel/revelとか。

revel、いっぺん死んだかと思ったら、ひさしぶりに見に行ったらふつうに1.0.0が最近リリースされててびっくりした。 この情報を見つけただけでもこのアドカレ書いた意味あったかもしれん。

いつぞやはお世話になりました、revel。

あとはservice/owner/foo/cmd/fooみたいなパターンもよく見ますが、ameshに関してはかっこよさを優先してgo get github.com/otiai10/ameshとしたくて、ルートにmain.goを配置しました。

.
├── bot # Slackのwebhookを受けるサーバの定義
├── cli # コマンドラインアプリケーションの定義
├── lib # 外部プロジェクトがimportできるもの
└── main.go # コマンドのエントリポイント

Slack AppのDistributeにあたって、Firestoreの利用

データを保存する必要があるため、GAE/GoからFirestoreへの接続をしました。が、めっちゃかんたんだったのであんまり特筆すべきことはないです。

これ見てやりました。

pkg.go.dev

ちなみに

気温も見れます

マイナンバー通知カードが見つかったら、GitHub Sponsorを始めると同時に「Add to Slack」ボタンを公開したいと思います。

マイナンバー通知カードどこ〜

誰か俺のマイナンバー通知カードを見つけてくれ

DRYな備忘録として

スターティングGo言語

スターティングGo言語

Go言語による並行処理

Go言語による並行処理

改訂2版 基礎からわかる Go言語

改訂2版 基礎からわかる Go言語

GoでWASMでHello World

背景

  • 一応GoもやってるしWebのフロントエンドもある程度やっているのに、WASMなにも触ったこと無いのはよくないので触りたい
  • WASMというものが一体何なのか、何ができるかも知らない

tl;dr

  1. Goで書いたコードをwasmにするフラグをつけてビルドすると.wasmが手に入る
  2. 本質的には上記がすべてであるが
    1. このwasmをkickするためのwrapperなJSもGoは提供してくれている
    2. 好きなようにサーバを立てて、このwasmファイル、およびwrapperなJSがブラウザから読める状態にすればよい

参考

成果物

github.com

ログ

cd $GOPATH/src/github.com/otiai10
mkdir hello-go-wasm
cd hello-go-wasm
git init
go mod init
mkdir server
mkdir client

とりあえず以下のような感じでサーバつくった

.
├── client
└── server
    ├── main.go
    └── views
        └── index.html

つぎにWASMの準備

# wrapperなJSをGOROOTから持ってくる
cp "$(go env GOROOT)/misc/wasm/wasm_exec.js" ./server/static/js

index.htmlに以下を追加

<head>
   <script src="/public/js/wasm_exec.js"></script>
   <!-- 神経質に public/wasm に分けなくてもいいとは思いつつ -->
   <script>
       const go = new Go();
       WebAssembly.instantiateStreaming(fetch("public/wasm/main.wasm"), go.importObject).then((result) => {
           go.run(result.instance);
       });
   </script>
</head>

いよいよ、wasmになるであろうGoを書く。 ./client/main.goを以下のように書いた

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("これがconsoleにprintされるん?")
}

んで、ビルド

GOOS=js GOARCH=wasm go build  -o ./server/static/wasm/main.wasm ./client/main.go

で、これをサーバに読ませる

go run server/main.go

f:id:otiai10:20201103130408p:plain
できたじゃん。ヤバ

かんたんだった。DOMの操作とかはsyscall/jsで出来そうなので、今回はいいや、となりました。

所感

DRYな備忘録として

たぶん今どきなPythonプロジェクトのはじめかた

ただの備忘録として

ls -la /usr/local/bin | grep python
mkdir ~/proj/python/my_project
cd ~/proj/python/my_proj
python3.8 -m venv .venv
source ./.venv/bin/activate
# .venvの中にコンテキストが移動している
which python
python -V
which pip
pip -V

# 依存はrequirements.txtよりsetup.pyに書くほうがわかりやすいっぽい
pip install .
pip install .[tests]

参考

github.com

DRY

Googleスプレッドシートで値の抽選

問題

こういうリストがあって、ここからランダムに値を抽出したい。

解決

= INDEX(A:A, RANDBETWEEN(1, COUNTA(A:A)), 1)

おしまい

解説

  • INDEX: 値を参照、行、列を指定して取得する
  • RANDBETWEEN: 2つの整数の間の数をランダムに返す
  • COUNTA: 参照における値のあるセルの数を返す
= INDEX(
    A:A, '← INDECの第1引数(参照)候補値の一覧。今回はA列全体
    RANDBETWEEN(
        1, '← 1行めから抽出したいので1
        COUNTA(A:A) '← 値があるぶんだけ抽出したいのでCOUNTA
    ),  '← INDEXの第2引数(行)RANDBETWEENの出力が入る
    1  '← INDEXの第3引数(列)今回はA列固定なので1
)

注意

  • それぞれのセルが独立してRANDを計算するので、複数抽出した場合に重複を許します
  • COUNTAが値の歯抜けに対して弱いという話をどっかで見ましたが、とりあえず動いたんで検証してません 🤪

DRYな備忘録として

【iOS】ビルドバージョンの自動インクリメントのSwift実装(PlistBuddyからの脱却)

背景

Xcodeのプロジェクトをやっていて、CI/CDなどを整えていると、iOSプロジェクトのビルドバージョン( 1.0 (N) のNの部分)を自動でインクリメントとかしたくなることがある。

PlistBuddyを使え

macOSだとPlistBuddyというコマンドが/usr/libexec/PlistBuddyにあるので、それを使えばよい。

% /usr/libexec/PlistBuddy
Usage: PlistBuddy [-cxh] <file.plist>
    -c "<command>" execute command, otherwise run in interactive mode
    -x output will be in the form of an xml plist where appropriate
    -h print the complete help info, with command guide

%
% /usr/libexec/PlistBuddy -c "Set :CFBundleVersion 2" ./BuildVersionExample/Info.plist
%

Info.plist に以下のような変化がある。

f:id:otiai10:20200312204540p:plain

PlistBuddyはなにをやってるの

このコマンドによって生成されたdiffがこちら

f:id:otiai10:20200312204632p:plain

Info.plistというXMLなファイルのプロパティがちょっと変わってるだけですね。

ゴール

CI/CDマシンはmacOSである前提はありつつも、ローカルマシンの実行ファイルに依存するのはなんだか気に食わないので、ひとまずこの限られた機能だけSwiftで実装できないかな、というのがゴール。せっかくなので、CocoaPodsに公開とかもしてみたいです。

技術概観

以下の技術課題に分解されるかと思う。

  1. マシンにビルドインなswiftないしswiftcを使ってCLIツールは作れるか?
  2. Swiftコードから、XML、とくにplistのread/writeは可能か?
  3. インクリメント(できるだろナメてんのか)
  4. CocoaPodsへの公開は(カジュアルに)できるのか?
  5. 検証: pod install で自作のpodを落としてきて使えるか

1. Swiftを使った簡単なCLIの実装

参考にしたもの

どうやら --type=executable というのを使えば1発っぽいな

% swift --version
Apple Swift version 5.1.3 (swiftlang-1100.0.282.1 clang-1100.0.33.15)
Target: x86_64-apple-darwin18.7.0
% mkdir -p ~/proj/swift/SwiftExampleCommand
% cd ~/proj/swift/SwiftExampleCommand
% git init
% swift package init --type=executable
Creating executable package: SwiftExampleCommand
Creating Package.swift
Creating README.md
Creating .gitignore
Creating Sources/
Creating Sources/SwiftExampleCommand/main.swift
Creating Tests/
Creating Tests/LinuxMain.swift
Creating Tests/SwiftExampleCommandTests/
Creating Tests/SwiftExampleCommandTests/SwiftExampleCommandTests.swift
Creating Tests/SwiftExampleCommandTests/XCTestManifests.swift

f:id:otiai10:20200312211830p:plain

ほーう。main.swiftや、Testsも自動で生成されているのがわかる。

とりあえず

% swift build
[3/3] Linking SwiftExampleCommand

とすると、.buildディレクトリが生成されており、

f:id:otiai10:20200312212331p:plain

うーん、かんたん。いちおうmain.swiftを覗いて、ちょっと細工をし、いちいちbuildすんのめんどいなということで適当にrunとか試してみると

f:id:otiai10:20200312212849p:plain

うーん、かわいいやんけ。

2. SwiftコードからXMLのread/write

参考にしたもの

FoundationからPropertyListSerializationというクラスが利用できるが、とりあえずXMLParserで具合を確認してみる。

github.com

どうやらXMLParserっていうのはXML<>といったトークンをパースして、各要素をwalkthroughするprotocolを提供しているようで、delegateXMLDocumentなどを使って、最終的にxmlStringなどを取得してfileに書き込めばいいと思う。

が、めんどくさいことこの上ないので、PropertyListSerializationを使ってみます。

f:id:otiai10:20200313023139p:plain

github.com

ばっちり動いたやんけ。コードもすっきり。

その他の参考:

3. インクリメント

しらんけど、上記でNSMutableObjectで取ってるのでValueにAnyが来ており、これをIntとしてインクリして返すのがよいかと思われる。

参考にしたもの

こんな感じで

plist[propKey] = {(currentVersion: Any?) -> Int in
    if let v: Int = currentVersion as? Int {
        return v + 1
    }
    return 1
}(plist[propKey])

github.com

4. CocoaPodsへの公開

参考にしたもの

その他、実装上参考にしたもの

成果物

github.com

ほんで、

% pod trunk register otiai10@gmail.com "Hiromu Ochiai" --description='my macbook pro'
% pod trunk push MiniBuddy.podspec

f:id:otiai10:20200314034524p:plain

かんたんだった

pod installで自作のpodを落としてきて使う

こういうPodfile書いてpod installしたらちゃんと落ちてきた

target 'MiniBuddyExample' do
  use_frameworks!
  pod 'MiniBuddy'
end

だけど、以下の問題がある

  • 実行ファイルがビルドされてtrunkにpushされるかと思ったがそうではなく、ばっちりソースしか落ちてきてない
    • [追記] これは、spec.source_filesに配布したいものだけを含めることで治った
  • ちゃんとLICENSEファイル配置してるんだけど[!] Unable to read the license file LICENSE for the spec MiniBuddy (0.1.0)のエラーが出る

雑感

  • エジプトも地球でした

DRYな備忘録として