読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DRYな備忘録

Don't Repeat Yourself.

【Go言語】`go build`コマンドについて和訳とメモ

go

go help build

usage: go build [-o output] [build flags] [packages]

Build compiles the packages named by the import paths,
// `build`はimport pathsで与えられた名前のgo srcをコンパイルします
along with their dependencies, but it does not install the results.
// 依存するパッケージはそのとき解決されます.
// なお、go installは実行されません.

If the arguments are a list of .go files, build treats them as a list
of source files specifying a single package.
// .goなファイルパスを複数渡した場合は、
// 単一のパッケージのソースと見なされます.

When the command line specifies a single main package,
// 引数に単一のmainパッケージ名を渡した場合、
build writes the resulting executable to output.
// 実行可能ファイルが生成されます.
Otherwise build compiles the packages but discards the results,
// それ以外の場合では、パッケージをコンパイルした結果は破棄され、
serving only as a check that the packages can be built.
// ビルドできるかどうかをチェックするだけとなります.

The -o flag specifies the output file name. If not specified, the
// `-o`フラグによって結果の実行可能ファイル名を指定できます.
output file name depends on the arguments and derives from the name
// `-o`フラグを使わない場合は、与えられたパッケージ名によって
of the package, such as p.a for package p, unless p is 'main'. If
// 実行ファイル名は決定されます. (例: go build p -> p.a)
the package is main and file names are provided, the file name
// mainパッケージに紐づく複数の.goファイルを渡した場合は、
derives from the first file name mentioned, such as f1 for 'go build'
// 実行ファイルは引数の最初のファイル名から決定されます.
'f1.go f2.go'; with no files provided ('go build'), the output file
// (例: go build f1.go f2.go -> f1.a)
name is the base name of the containing directory.
// 単に`go build`を実行した場合はカレントディレクトリ名から
// ファイル名が決定されます.
/* 訳注
the containing directory って何だ?
実行結果とか文脈見る限りカレントでいいんだけど...
*/

The build flags are shared by the build, install, run, and test commands:
// buildコマンドのフラグはinstall, run, testと共通です.

    -a
        force rebuilding of packages that are already up-to-date.
        // 存在していてもビルドを実行します.
    -n
        print the commands but do not run them.
        // ビルド結果のコマンドを出力します. 実行はしません.
    -p n
        the number of builds that can be run in parallel.
        The default is the number of CPUs available.
        // 並列で実行するビルドプロセスの数を指定できます.
        // デフォルトでは利用可能CPU数です
        /* 訳注: コア数じゃないのかな? */
    -race
        enable data race detection.
        Supported only on linux/amd64, darwin/amd64 and windows/amd64.
        // ビルド時にレースコンディションを検出します.
        /* 訳注:
        * [Go1.1 の Race Detector]
        * http://jxck.hatenablog.com/entry/20130530/1369928762
        * [レースコンディションの一般的対策]
        * https://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programmingv2/contents/c304.html
        */
        // linux/amd64, darwin/amd64, windows/amd64でのみ利用可能です.
    -v
        print the names of packages as they are compiled.
        // コンパイルされたパッケージの名前を出力します.
    -work
        print the name of the temporary work directory and
        do not delete it when exiting.
        // 使用しているワーキングディレクトリを出力します.
        // また、終了時にそれを削除しません.
    -x
        print the commands.
        // コマンドを出力します.
        /* 訳注: なんだそれ.使ってみたけど意味分からんかった */

    -ccflags 'arg list'
        arguments to pass on each 5c, 6c, or 8c compiler invocation.
        // 5c, 6c, 8c コンパイラに渡す引数を指定できます.
        /* 訳注:
        * [GoのツールチェインのCコンパイラを使う]
        * http://moriyoshi.hatenablog.com/entry/2013/12/26/174829
        */
    -compiler name
        name of compiler to use, as in runtime.Compiler (gccgo or gc).
        // 使用するコンパイラを指定できます.
        // runtime.Compilerで定義されたものを指定可能です.
    -gccgoflags 'arg list'
        arguments to pass on each gccgo compiler/linker invocation.
        // gccgoのcompiler/linkerに渡す引数を指定できます.
        /* 訳注: http://golang.jp/tag/コンパイラ */
    -gcflags 'arg list'
        arguments to pass on each 5g, 6g, or 8g compiler invocation.
        // 5g, 6g, 8gコンパイラに渡す引数を指定できます.
        /* 訳注:
        * [Goプログラマであるかを見分ける10の質問]
        * http://mattn.kaoriya.net/software/lang/go/20110308033821.htm
        * [ソースからのGo言語インストール]
        * http://golang.jp/install/source
        */
    -installsuffix suffix
        a suffix to use in the name of the package installation directory,
        in order to keep output separate from default builds.
        If using the -race flag, the install suffix is automatically set to race
        or, if set explicitly, has _race appended to it.
        // パッケージをインストールするディレクトリの接尾語を指定できます.
        // デフォルトのビルド物と分別することができます.
        // -raceフラグを使用する場合、suffixは自動的にraceになり、
        // さらに-installsuffixを使った場合は、与えられたsuffixの後ろに
        // _raceが自動的に付加されます.
    -ldflags 'flag list'
        arguments to pass on each 5l, 6l, or 8l linker invocation.
        // 5l,6l,8lリンカに渡す引数を指定できます.
    -tags 'tag list'
        a list of build tags to consider satisfied during the build.
        See the documentation for the go/build package for
        more information about build tags.
        // ビルドタグを指定できます.
        // ビルドタグについてはgo/buildパッケージの説明を見て下さい.
        /* 訳注:
        * [go/build]
        * http://golang.org/pkg/go/build/
        * [Golang Cafe #25 まとめ デバッグとリリースビルドの切り替え方法を考える]
        * http://d.hatena.ne.jp/taknb2nch/20140414/1397459204
        */

The list flags accept a space-separated list of strings. To embed spaces
// 各フラグに渡す引数リストはスペース区切りの文字列で指定できます.
in an element in the list, surround it with either single or double quotes.
// もしスペースを含む要素を渡したいときは、
// シングルクオートまたはダブルクオートでラップしてください.

For more about specifying packages, see 'go help packages'.
// packageについてのより詳細な情報は
// `go help packages`から参照できます.
For more about where packages and binaries are installed,
// パッケージとバイナリがインストールされたロケーションについては
run 'go help gopath'.  For more about calling between Go and C/C++,
// `go help gopath`で参照できます.
run 'go help c'.
// Go言語からのC/C++呼び出しについては、
// `go help c`で参照できます.

See also: go install, go get, go clean.
// `go install`, `go get`, `go clean`についても見てくれよな!!

やなこった

Thanks to

plan9?

雑感

くっそ勉強になった

f:id:otiai10:20140721223946j:plain