読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DRYな備忘録

Don't Repeat Yourself.

GKEに自作イメージをデプロイするときのまとめ

GoogleCloudPlatform ContainerEngine

自分で書いた備忘録がわかりにくすぎるので自分のためにまとめる

f:id:otiai10:20160430041114j:plain

手順

  1. ウェブコンソールでやること
    • プロジェクトをつくる(名前: otiai10-playgroundとする)
    • コンテナクラスタをつくる(名前: test-1とする)
  2. gcloudのactivateと認証的なもの
    • gcloud init
    • gcloud config set project otiai10-playground
    • gcloud config set compute/zone us-central1-a
    • gcloud config set container/cluster test-1
    • gcloud container clusters get-credentials test-1
      • これだいじ
  3. ローカルでやること
    • docker build イメージ焼く
    • あたりまえだけどローカルでdocker runして動くかちゃんと確認する
  4. gcr.io(GCPのプライベートコンテナレジストリサービス)への操作
    • gcloud docker push gcr.io/otiai10-playground/test-1:v3
    • kubectl run test-1 --image=gcr.io/otiai10-playground/test-1:v3 --port=8080
    • 確認
      • kubectl get [pods | deployments | services] など
      • 特にpods見て、ちゃんとSTATUS Runningかどうか見る
    • 必要によっては
      • kubectl expose deployment test-1 --type="LoadBalancer"
      • kubectl get services (External IPが付与されるのを待つ)

DRY